素人の考える最先端医療2

12月1日(土)

メディポリス国際陽子線治療センター

陽子線は体内に照射されると、正常な細胞にほとんど影響することなくがん細胞に到達し、がん細胞の核の中にあるDNAを攻撃します。陽子線により損傷を受けたがん細胞は、死滅し、増殖できなくなります。 陽子線照射による身体的な負担はほとんど無いので、外科的手術が困難な全身状態の良くない症例や高齢者に対しても、比較的安全に治療を実施することができます。1回の治療時間は位置合わせなどを含めて15〜30分程度で、特に入院する必要はなく、外来での治療が可能です。 局所の治療法という点で外科療法と同様ですが、陽子線治療は形態や機能を保持することができるので、治療中や治療後のQOL(生活の質)を良好に維持することができます。
効果が期待できるがん
〇脳脊髄腫瘍
〇頭頸部腫瘍 (公的医療保険適用 ※1  2018年4月~)
〇肺・縦隔腫瘍
〇消化管腫瘍(食道癌、直腸癌術後局所再発)
〇肝胆膵腫瘍
〇前立腺がん (公的医療保険適用 ※2  2018年4月~)
〇腎がん
〇早期乳がん(※臨床研究段階)
〇骨軟部腫瘍(脊索腫、軟骨肉腫、骨肉腫など) (公的医療保険適用 ※3  2018年4月~)
〇転移性腫瘍(肺転移、肝転移、リンパ節転移)
〇小児がん (公的医療保険適用 ※4  2016年4月~)
※1 口腔・咽喉頭の扁平上皮癌を除く。
※2 限局性及び局所進行性で転移を有するものを除く。
※3 手術による根治的な治療法が困難である限局性のもの。
※4 限局性の固形悪性腫瘍に限る。



治療概要
陽子線治療はがん治療に効果が期待でき、からだに優しい治療法です。 しかし、現在は全てのがんが陽子線治療の適応(対象)になるわけではなく、対象疾患であっても陽子線治療が不適当と判断される場合もあります。 そのため、がんの診断のための検査や陽子線治療以外の診療(経過観察など)は、センターではなくかかりつけの主治医の先生にお願いして行っていただきます。 そのような受診前の流れや実際の治療や治療後の流れについてわかりやすく説明いたします。
コールセンター 0120-804-881 乳がん治療(臨床試験/PhaseU)の無償化についてご案内ここクリック!

12月1日(土)

九州国際重粒子線がん治療センター

九州国際重粒子線がん治療センター ◎重粒子線治療の医療制度と適応範囲の拡大 〇2016年4月から骨軟部がん(切除非適応の骨軟部腫瘍)、 〇2018年4月から前立腺がんと頭頸部がん(口腔・咽喉頭の扁平上皮がんを除く)について、公的医療保険が適用されました。 〇それ以外の治療については、先進医療として継続されます。 重粒子線がん治療の対象となるのは、ひとつの部位に留まっている固形のがんです。 ※治療の対象とならないがん 白血病のような血液のがん 広範な転移のあるがん 胃がん、大腸がんなど不規則に動く臓器のがん など 重粒子線がん治療は、炭素イオンを、加速器で光速の約70%まで加速し、がん病巣に狙いを絞って照射する放射線治療法です。 従来の放射線治療で使用されるエックス線やガンマ線は、がん病巣に照射すると、体の表面近くで放射線量が最大となるため、体の深いところにあるがん病巣に十分なダメージを与えることができません。 重粒子線治療は、がん病巣にダメージを十分与えながら、正常細胞へのダメージを最小限に抑えることが可能です。



紹介元医療機関より紹介 まずは、現在の主治医にご相談ください。当センターを受診したいことを伝え、紹介状(診療情報提供書)を書いてもらいましょう。 治療適応と判断されたら、医師から、患者さんとその家族へ、治療のスケジュールや照射方法、治療に伴う副作用、見込める治療効果などを説明し、最終的な治療の意思決定を行います。治療をすることを決められたら同意書にサインをしていただきます。 治療で使用する固定具という道具を作ります。固定具は正確な治療のために体を診療台に固定するものです。体を上から覆うプラスチックのカバーと、体の下に敷く台(必要な方のみ)を患者さん一人ひとりに合わせて作ります。仰向け、うつ伏せなどの体勢や固定する場所はがんの場所によって異なります。 治療の計画を立てるのに必要なCTをとります。固定具をつけた状態で撮影を行います。 治療計画に沿って治療します。治療はすべて外来通院で行います。 治療が終わった後は、紹介元の医療機関と当センターで一緒に経過を見ていきます。 ご相談・ご予約・お問い合わせはこちらから 0942-50-8812 月曜〜金曜(祝祭日除く) 9:00〜12:00 13:00〜17:00

12月1日(土)

岡山大学・津山中央病院共同運用がん陽子線治療センター

兵庫県立粒子線医療センター 津山市は江戸時代後期から幕末、明治初期にかけて、内科医学のほか様々な蘭学(洋学)を日本に紹介し近代日本の礎を築いた医人、偉人たちを多数輩出する蘭学先進地です。 宇田川家や箕作家をはじめとして、進取の気質にあふれた医者・学者たちを育てた津山で、日本の医学の最先端医療技術である“切らずに治すがん治療”「がん陽子線治療センター」が開設されました。 陽子線治療とは? 水素原子から抽出した陽子を「シンクロトロン」という大型の装置を用いて真空中で光速の70%近くにまで一気に加速すると、からだの中への透過力が大きく、がん細胞を破壊する力をもつ陽子線となります この陽子線をがん細胞に照射して集中的にぶつけ、がん細胞を攻撃して壊します。陽子線の特性を利用して患部に狙い通りにビームを当てることが可能なので、より広い範囲に照射する従来の放射線治療に比べて、患部以外への影響を軽減することができます。



治療希望の患者さんへ 陽子線治療外来はかかりつけ医療機関からのご紹介による完全予約制となっております。 岡山大学・津山中央病院共同運用 がん陽子線治療センター 〒708-0841 岡山県津山市川崎1756 TEL:(0868)21-8150 (代) FAX: (0868)21-8151現在、陽子線治療に向いていると考えられるのは、頭頚部(鼻腔や副鼻腔、唾液腺・頭蓋底など)、肺、肝臓、前立腺、膀胱、食道、膵臓などの原発性がんに加え、直腸がん術後の骨盤内再発や単発性の転移性腫瘍(肝転移、肺転移、リンパ節転移)などがあります。 胃や大腸など消化管のがん、および消化管に近接した部位にがんがある場合は、放射線による粘膜潰瘍のリスクがあるため陽子線治療が困難です。また、がんの元の病巣から他の臓器やリンパ節へ転移が広がっている場合は十分な治療効果が期待できないため陽子線治療の対象となりません。また、がんの大きさは10p以下が望ましいと言えます。これを超える場合は治療機器の制約により治療が困難になる場合もあります。

11月30日(金)

兵庫県立粒子線医療センター

兵庫県立粒子線医療センター
粒子線治療料(照射技術料) 2,883,000円
・陽子線治療、炭素イオン線治療とも
・公的医療保険の対象外となりますが、民間保険の先進医療の対象となります。(一部公的医療保険適用症例あり(下記◎参照)) ◎公的医療保険で粒子線治療が可能ながん(平成30年4月1日)
・陽子線治療:小児腫瘍(限局性の固形悪性腫瘍)
・骨軟部腫瘍(切除非適用)・頭頸部悪性腫瘍(口腔・咽喉頭の扁平上皮がんを除く)・限局性及び局所進行性前立腺がん
・重粒子線(炭素イオン線)治療:骨軟部腫瘍(切除非適用)
・頭頸部悪性腫瘍(口腔・咽喉頭の扁平上皮がんを除く)
・限局性及び局所進行性前立腺がん
兵庫県立粒子線医療センターの診療内容は粒子線治療に 限られますので、治療前
・後の検査や診療は、主治医の先生と共同で行う医療となることを よくご理解ください。



粒子線医療センター受診までの流れ
主治医の先生からの紹介
必要な資料をダウンロードして下さい。
主治医の先生とご相談の上、必要な検査を受ける
主治医の先生から兵庫県立粒子線医療センター
(FAX:0791-58-2600)へ
粒子線治療紹介FAX用紙(1)(2)をFAXで送信(受付時間9:00〜17:00)
受診日時の連絡が主治医の先生宛にFAX返信されます
(翌日(休日除く)の返信となります。)
粒子線医療センター初診
適格性の判断
粒子線治療に関する説明
通院または入院にて治療開始

11月30日(金)

兵庫県立粒子線医療センター付属神戸陽子線センター

陽子線治療の特長
陽子線は、エックス線と異なり体内を一定程度進んだ後、
急激に高いエネルギーを周囲に与えそこで消滅します。
この性質(ブラッグピーク)を利用することで、
がん細胞に集中して高いエネルギーを与え、
周辺の正常細胞に与えるエネルギーを少なくするよう線量等を
調整することができます。
がん細胞に対して、ピンポイントで高線量の照射による高い
治療効果が期待でき、また正常組織に対する障害減が可能になり、
発育・発達障害、二次がん等の晩期合併症のリスクを最小限に
抑えた治療が行えます。
これまでの治療成果が認められ、
平成28年4月より小児の固形がんに対する保険適用が
開始されました。



受診希望の方へ
粒子線治療の主な特徴は、
・痛みがない
・臓器の機能や容姿、容貌を損なわず、傷跡も残らない
・高齢者にも適用できる
・早期の社会復帰が可能
などがあげられます。
受診までの流れ
主治医の先生と良くご相談のうえ、主治医の先生から
神戸陽子線センター患者支援室に
FAX(078-335-8005)で診療情報提供書をお送りください。
後日、主治医の先生宛に受診日時等の連絡を送ります。
主治医の先生へ
兵庫県立粒子線医療センター附属
神戸陽子線センター
患者支援室 FAX 078-335-8005

11月29日(木)

福井県立病院 陽子線がん治療センター

陽子線で治療できるがん
頭頸部腫瘍 鼻・顔面・のど等の耳鼻科領域の悪性腫瘍(がん)と、軟骨肉腫、脊索腫等の頭蓋底腫瘍が対象となります。 頭頸部には、目、耳、鼻といった大事な臓器がたくさんあり、容貌を保持することも大切です。陽子線治療では、切り取ることはしませんので、顔の形や、機能(はたらき)を治療後も残すことができます。
肺がん 肺がんは日本人のがんによる死亡原因のトップです。 陽子線治療は、放射線療法の一種で、がん病巣に集中して照射できますので、体への負担が少ない肺がん治療を行うことができます。
肝臓がん 肝臓から発生するがんの約9割は、肝細胞がんです。肝細胞がんの約9割は、B型またはC型肝炎ウイルスが原因です。 陽子線治療は、体外から陽子線を肝細胞がんに集中して照射する方法で、治療中の体の負担が小さく、手術に匹敵する治療成績が報告されています。
前立腺がん 前立腺がんは、 PSA検診などにより早期に診断され治療を行えば、90%以上の人が完治します。前立腺がんの治療法には手術療法、内分泌治療、放射線療法などがあります。陽子線治療は、放射線療法の一種です。 転移性がん 陽子線治療は、照射した部分にしか効果が期待できない局所療法です。したがって、転移性腫瘍のように原発巣から、がんが広がってしまっている場合には、陽子線治療だけではがんの根治はできません。抗がん剤を用いる全身化学療法が必須となります。
小児腫瘍 陽子線治療では、その特性により、エネルギーのピークをがん病巣に合わせることができるため、周囲の正常組織への照射を抑え、がん病巣に集中して照射することができます。これにより高い治療効果が実現できるとともに、正常組織への障害を少なくし、身体の機能や形が損なわれることを、おさえられると考えられています。



入院の際には、次のものをご用意ください。
1.診察券・印鑑
2.日用品 タオル・バスタオル・下着・ティッシュペーパー・ゴミ箱・履きなれたかかとの覆われた履物等
3.洗面用具 歯ブラシセット・せっけん・シャンプー類・ひげそり(カミソリは厳禁)・くし
4.食事用品 箸・スプーン・湯のみ・小型やかん
5.持参薬 現在、お薬を服用されている方は、お薬とお薬の情報紙(薬袋、薬の説明書、お薬手帳等)をご持参ください。
6.「入院のご案内」の冊子
7.その他 ?各診療科により多少の違いがありますので入院連絡の際にご説明いたします。 ・持ち物は最小限にとどめ、必ずお名前をご記入ください。 ・寝衣(パジャマ)・・・・当院では基本的に貸与(1日につき70円)としております。病院指定のものをご使用いただくことをお願いします。 ・乳児の場合、ミルクと紙おむつは各自ご準備ください。なお、ミルクのお湯は「食堂・デイルーム」の給茶器をご利用ください。
福井県立病院 福井市四ツ井2丁目8-1 
電話:0776-54-5151
セカンドオピニオンとは
◎セカンドオピニオンとは「かかりつけ医以外の医師による助言」を意味します。 ◎かかりつけ医から病気と治療の説明を聞いたけれども、それが最良の治療法なのか不安に思うことなどがあり「自分の病状や治療方針について他の医師の意見を聞いてみたい」と考えておられる方のためにあります。 ◎患者さんやそのご家族が当院で「第二の専門医の意見」を聞くことにより、病気や治療方針についてより理解していただき、かかりつけ医でみずから選択した納得のいく治療を受けていただくことを目的としています。 ◎検査や治療は行いませんが、かかりつけ医からお持ちいただいた検査データをもとに、じっくりお話を伺ってアドバイスいたします。
地域医療連携推進室 TEL 0776-57-2900
 ※陽子線治療については、
陽子線がん治療センター  TEL 0776-57-2981

11月28日(水)

静岡県立静岡がんセンター

がん治療において「高齢者」が何歳以上を指すか、明確な定義はありません。 社会通念上は65歳以上が「高齢者」で、健康保険では65歳以上〜75歳未満を「前期高齢者」、75歳以上を「後期高齢者」と区分しています。
2010年には、すべてのがん患者の29%が65歳以上〜75歳未満で、75歳以上が41%を占めています。 高齢のがん患者さんを診た医師が、治療方針を考えるときの考え方や注意点を知っておきましょう。 より若い世代の場合と比べて、担当医は、患者さんが想定される治療に耐え、回復し、健康を取り戻すことが可能かを判断します。そのため、「身体状況」「検査所見」「理解能力」「精神状態」などを参考にします。このような細目とともに、全体的な印象も重視され、特に、手術の場合には、次のような項目が重視されます。 自分の身の周りのことは自分でできるか? 同年齢の健康人と比べて同じように歩き、同じように階段を上れるか? 説明についての理解力が十分か? このように患者さんの全身状態を把握した上で、担当医は、負担が大きくても確実な効果を見込める「標準治療」を実施できないかを、まず判断します。



「高齢者」に積極的ながん治療を実施する場合、患者さん本人やご家族は、治療に伴う副作用、合併症、後遺症などの危険性が、若い世代よりは大きいことを覚悟しなければなりません 手術の後、肺炎になったり、手術を契機に心筋梗塞や脳卒中などを発症する可能性が高まります。また、手術などの影響で体力の低下が著しく、寝たきりになったり、治療後、認知症が悪化するなど、若い世代の患者さんではみられない状況も生まれがちです。抗がん剤治療での、副作用が強く出現し、副作用からの回復もかなり遅れることがまれではありません。 初めて来院される方(初診の方) 当院は、適切な診療を行うため、原則、紹介予約制になります。
患者さんが自ら予約をする場合
予約センターへお電話ください。
予約受付時間 午前8時30分〜午後5時(土・日・祝日を除く)
予約センター 電話番号: 055(989)5680
紹介状を発行する医療機関が予約をする場合
医療連携室へお電話ください。
予約受付時間 午前8時30分〜午後6時(土・日・祝日を除く)
医療連携室 電話番号: 055(989)5646(医療機関専用)

11月25日(日)

医療法人伯鳳会 大阪陽子線クリニック

医療法人伯鳳会 大阪陽子線クリニック
◎陽子線は、粒子線の一種です。粒子線とは、中性子、陽子、炭素イオンなどの粒子の流れです。当院で利用するのは陽子線です。陽子は水素の原子核のことで、プラスの電気を帯びた粒子です。 陽子線治療が有効な代表的な疾患は、前立腺がん・肺がん・肝がん・頭蓋底腫瘍・頭頚部腫瘍(副鼻腔がんなど)などの塊状の腫瘍です。
◎水素原子から抽出した陽子を「シンクロトロン」という大型の装置を用いて真空中で光速の70%近くにまで一気に加速すると、からだの中への透過力が大きく、がん細胞を破壊する力をもつ陽子線となります。 この陽子線をがん細胞に照射して集中的にぶつけ、がん細胞を攻撃して壊します。陽子線の特性を利用して患部に狙い通りにビームを当てることが可能なので、より広い範囲に照射する従来の放射線治療に比べて、患部以外への影響を軽減することができます。



小児がん、頭頚部がん、骨軟部腫瘍、前立腺がんは健康保険診療です。 上記以外の疾患には先進医療が適用され、治療費(300万円)以外は健康保険診療です。 大阪陽子線クリニックで行う治療は、陽子線治療またはX線となります。がんの診断のための検査や陽子線以外の診療は、主治医にお願いして行っていただきます。すなわち、治療は今の病気に対して主治医と共同で行う医療となることをよくご理解ください。 陽子線治療は保険診療と先進医療の2区分がございます。 保険診療の適応となる疾患以外の症例では陽子線治療費(技術料)が300万で、それ以外の付随する診療や検査等は保険診療となります。 大阪陽子線クリニックでの診療内容は放射線治療(陽子線・X線)に限られ、治療前後の検査や診療は、主治医の先生と共同で行う医療となりますのでご協力をよろしくお願い申し上げます 医療法人伯鳳会 大阪陽子線クリニック 〒554-0022 大阪府大阪市此花区 春日出中1丁目27-9 電話番号:0664621888 fax番号:0664621122 お問合せ時間:9:00~17:00 診療時間:9:00~18:00

11月24日(土)

大阪重粒子線センター

大阪重粒子線センター
◎患者様に優しいがん治療の提供を目指してまいります。 大阪初の重粒子線がん治療施設で、 全ての治療室で最新の スキャニング照射による治療を行います
◎動体追跡照射システムを採用し、 呼吸の動きによる照射領域のずれのない 正確な治療ができます
◎隣接する 大阪国際がんセンターと連携し、 総合的ながん治療が可能です
◎大阪の中心に位置しており、 通院治療に適しています。 そのため、働きながら治療も可能です 患者様のご紹介方法
当センターのホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。
当センターは完全予約制で診療を行います。初診・セカンドオピニオンのご予約はいずれも「医療連携室」宛にお電話とFAXでお願い致します。予約から受診までの流れは以下の通りです。
@予約電話 & FAX あらかじめ「FAX送信票/受診予約申込書」をダウンロードし、必要事項をご記入の上、当センター「医療連携室」へお電話(TEL:06-6947-3210)でお申込下さい。お申込のお電話が終わりましたら、「FAX送信票/受診予約申込書」と「診療情報提供書(紹介状)」等の送信(FAX:06-6947-3211)をお願い致します。
A予約票のFAX 「FAX送信票/受診予約申込書」「診療情報提供書(紹介状)」等のFAXが届き次第、予約票をFAXさせていただきますので、患者様にお渡し下さい。
B診療情報の郵送 受診予約決定後、下記の診療情報を当センター宛に早急にご郵送お願い致します。 診療情報提供書(紹介状) 経時的変化がわかる画像CD-Rおよび読影所見 (CT・MRI・PET-CT等、前立腺がん患者様の場合は骨シンチもあれば尚可) 採血結果 (腫瘍マーカー、直近の尿素窒素・クレアチニン値、感染症等が分かるデータ) 病理所見のコピーおよび病理標本プレパラート (骨軟部腫瘍、頭蓋底腫瘍、頭頸部腫瘍、前立腺腫瘍) ※上記の診療情報が受診日に届いていない場合は、診療ができませんので、ご注意下さい。
C外来受診 診察にて、重粒子線治療の適格性の判断を行います。 「適格性あり」となった場合、その後の院内カンファレンスやキャンサーボードを経て重粒子線治療を行うか決定致します。
■電話予約受付時間 :月曜〜金曜(祝祭日を除く) 9時〜17時
■予約申込先 :大阪重粒子線センター 医療連携室
■電話番号 :06-6947-3210(代表) FAX番号:06-6947-3211



当センターの受診は、完全予約制です。 受診予約は、当センター/医療連携担当(代表TEL:06-6947-3210・FAX:06-6947-3211)が受け付けています。 紹介元医療機関の(地域)医療連携室のご担当者様に当センターの受診予約の申込をお願いして下さい。 @予約電話 & FAX あらかじめ「FAX送信票/受診予約申込書」をダウンロードし、必要事項をご記入の上、当センター「医療連携室」へお電話(TEL:06-6947-3210)でお申込下さい。お申込のお電話が終わりましたら、「FAX送信票/受診予約申込書」と「診療情報提供書(紹介状)」等の送信(FAX:06-6947-3211)をお願い致します。
A予約票のFAX 「FAX送信票/受診予約申込書」「診療情報提供書(紹介状)」等のFAXが届き次第、予約票をFAXさせていただきますので、患者様にお渡し下さい。
B診療情報の郵送 受診予約決定後、下記の診療情報を当センター宛に早急にご郵送お願い致します。
C外来受診 診察にて、重粒子線治療の適格性の判断を行います。 「適格性あり」となった場合、その後の院内カンファレンスやキャンサーボードを経て重粒子線治療を行うか決定致します。

11月22日(木)

名古屋陽子線治療センター

名古屋陽子線治療センター 当センターの陽子線治療装置は、世界最大級のがんセンターであるMDアンダーソンがんセンターに導入された装置をベースに作られています。回転ガントリーの1室において、最新陽子線照射技術であるスポットスキャニング照射を導入しました。 この方法は、頭や首、骨盤部、脊椎などの治療などにおいて従来の方法よりも腫瘍への線量集中性を高め、正常組織への線量を減少させることが可能であり、さらなる「からだにやさしいがん治療」が実現可能となります。 がんの治療には、主に外科療法・放射線療法・化学療法があります。 ◎病巣が小さい場合、まず標準治療として第一に挙げられるのは外科療法です。しかし、切除する範囲が広くなるとからだへの負担が大きくなってしまいます。 ◎放射線療法は、からだの機能と形態を保って治療することが可能です。 ◎からだの中でがんが大きく広がっている場合、多数の遠隔転移がみられる場合には、手術や放射線療法の有効性は低くなり、全身に対する治療である化学療法が主な治療法となります。 ◎陽子線治療を希望される患者、家族の方はセカンドオピニオン外来を受診してください。申込は、主治医から当センターあての紹介状(診療情報提供書)とセカンドオピニオン申込書を郵送または持参してください。



【郵送の場合】郵便番号462-8508 名古屋市北区平手町1-1-1 名古屋市立西部医療センター 地域医療連携室 行 【持参の場合】西部医療センター1階 総合受付@番 「地域医療連携窓口」 西部医療センター地域医療連携室


10月12日(金)

高額療養費制度

平成30年 1 月の先進医療会議において、陽子線による前立腺がん治療は
「一定の科学的根拠を有する」と認められ、
厚生労働省の診療報酬調査専門組織医療技術評価分科会(医技評)では、
最新の実績を検討し、有効性と安全性が評価され、
平成30年4 月より健康保険が適用されることとなりました。
また、前立腺がんに加え、
骨軟部腫瘍(切除が難しい骨や軟骨などの腫瘍)、
頭頸部の悪性腫瘍(扁平上皮がんを除く)についても
「十分な科学的根拠を有する」と評価され、
適用されることとなりました。これにより、
2 年前より適応となっている小児のがんに加え、
陽子線治療の健康保険適用が拡大されることとなりました。



平成30年4月からは、前立腺と頭頸部(とうけいぶ)(口、鼻、喉など)の一部、
手術困難な骨軟部(骨や筋肉、脂肪など)のがんに公的保険が適用される。
月ごとの医療費に上限を設ける高額療養費制度も活用すれば、
患者の実質負担はかなり抑えられる

頭頸部は大体このようなところ。

9月7日(金)

相澤病院 陽子線治療センター

◎陽子線治療の場合、がんの種類や大きさにもよりますが、
基本的に週5日間5週〜8週間程度(現在前立腺がんで25回の照射)
の外来通院治療が必要になります。
1回の治療は通常30分程度(肺、肝、食道、膵などは1時間程度)
で終わります。このうち実際の照射は2分程度で、
それ以外の時間は主に身体の固定と正確な位置決めに費やします。
受信お申込み
TEL:0263-33-8640(直通)
受付時間:平日9:00 ? 17:00
 ※詳しくは電話にてお問い合わせください。



○陽子線治療を希望される場合は、下記の資料が必要となります。
○主治医からの紹介状(診療情報提供書)
○受診1ヶ月以内の画像データー(CTは必須、その他:MRI、PET、骨シンチなど)
○検査報告書のコピー(採血、病理所見、画像所見など)
○病理標本(プレパラート)
○チェックシート
注意点
○陽子線治療を行う場合には、まず「がんであること」、「がんの進み具合」などが調べられていることが必要です。
○陽子線治療は放射線治療の一種ですので、全てのがんおよび、全てのがんのステージ(病期)が対象になるわけではありません。治療法について、主治医と十分にご相談下さい。
○陽子線治療後は、「紹介元」を中心に、「当陽子線治療センター」でも長期間、経過観察していきますので、必ず定期的な受診をお願いいたします。

9月2日(日)

神奈川県立がんセンター 重粒子線治療施設

部位

組織型等

照射回数

保険・先進医療

頭頸部腫瘍

頭頸部扁平上皮癌

16回

先進医療

頭頸部悪性腫瘍(口腔、咽喉頭扁平上皮癌を除く)

16回

保険適用

肺癌

T期肺癌

1or4回

先進医療

肝癌

肝細胞癌

4回

先進医療

膵癌

局所進行膵癌

12回

先進医療

泌尿器腫瘍

限局性及び局所進行性前立腺癌

12回

保険適用

骨軟部腫瘍

手術による根治的な治療法が困難である限局性の骨軟部腫瘍

16回

保険適用

※先進医療とは、現在保険適用でないということです。最新の情報を確認してください。

神奈川県立がんセンターi-ROCKは、医療機関からの紹介予約制となります。
○ 原則として、まずは紹介元医療機関の診療情報書の
FAXが必要となりますので、重粒子線治療を希望される方は、
下記リンク先のページを印刷する等して、現在診療を受けている
医療機関の医師に御相談下さい。

患者さんのご紹介についてコチラクリック!


8月30日(木)

量子科学技術研究開発機構放射線医学総合研究所
初診予約について
・当院の初診診療は全て予約制となっており、診療情報提供書をFAXしていただく事になります。
・紹介元医療機関より患者さんの診療情報提供書をFAXにてお送りいただき、重粒子治療の適応について担当医が判断し、一両日中にFAXにてお返事します。
当院への診療情報提供書のFAXについて
・用紙については当院の書式でも、貴院の書式でも構いません。
※当院書式「診療情報提供書 FAX送付書(医療機関用)」 PDF形式(85KB) EXCEL形式(34.0KB)
・誤送信や個人情報の取り扱いには十分なご配慮をお願いします。
・返信先FAX番号を必ずご記入ください。
・必要に応じて、画像診断のレポート、検査の記録等も添付してください。
・当院の担当医師名が不明の場合は、具体的な臓器あるいは疾患をご記入ください。

電話での予約受付について(前立腺癌のみ)
・前立腺癌の患者さんのみ資料(診療情報提供書、画像資料、プレパラート)が全て揃っている場合は、電話での予約をお受けします。
新患予約電話:043-206-3483 (代表)
予約受付時間:平日9:00〜11:30 12:30〜16:00
紹介元医療機関へのFAXの返信について
・当院の担当医が重粒子線治療の適応の判断をし、FAXにて返信します。
・返信用紙に記載の受診日時、当院へお持ちいただく資料等を患者さんへご連絡ください。
・「医師の意見」が記入されている場合は、患者さんへご説明をお願いします。



8月28日(火)

国立がん研究センター東病院
陽子線治療の実際
最初に治療のための準備を行います。
◎治療中の体の動きを抑えるための固定具をつくります。
◎CT検査を行います。
◎CT検査にもとづき放射線腫瘍医や医学物理士、放射線技師が治療の計画を立案します。 ◎ボーラス・コリメータといった患者さん専用の特殊な器具を作製します。 この過程に数日を要します。
◎その後、治療を開始します。
治療は装置のベッドに寝た姿勢で受けていただきます。
治療は原則として1日1回、週3回から5回行い、
合計4回から40回程度繰り返して完了します。
この回数は病気の種類・進行度・部位などによって異なります。
1回の治療時間は約15分から30分です。

陽子線治療の概要や外来受診の方法など、
電話で対応可能な範囲でお答えいたします。
なお、電話によるお問い合わせは、
診療業務などで対応できない場合や時間帯があります。
何卒ご了承ください。
受付時間:8時30分から17時15分(土曜日、日曜日・祝日、年末年始を除く)
電話番号:04-7134-8678(粒子線医学開発分野 分野長 直通)
ファクス番号:04-7134-6918



8月25日(土)

筑波大学附属病院 陽子線医学利用研究センター
治療を始めるための準備(約7〜10日間)
準備期間中、2回程度通院していただき、
◎陽子線照射中に、患者さんの体が動いて照射位置がずれてしまわないよう、一人ひとりの体の形に合わせた専用の固定具を作ります。固定具の作成にかかる時間はわずか1〜2分です。
◎固定具が完成したら、実際に患者さんに固定具を装着していただき、治療計画立案に使用するためのCT画像を撮影します。
◎患者さんの病状に合わせて、コンピュータを使って陽子線を照射する角度、深さ、量、回数などを計算し、具体的かつ綿密な治療計画を立てます。
◎担当医や他の医師、医学物理士、放射線技師、看護師らとともに、カンファレンスを行い
治療計画が的確かどうか参加者全員で討議、チェックします。
◎治療期間中は、月曜から金曜*1まで毎日通院して陽子線の照射を受けます。
照射する回数や期間は、患者さん一人ひとりの病状によって異なります。

治療計画が的確かどうか参加者全員で討議



具体的かつ綿密な治療計画を立てます。

8月23日(木)

群馬大学医学部附属病院 重粒子線医学研究センター
当センターの受診は、医療機関からの紹介による
完全予約制となっております。 診外来の予約は地域医療連携により取得いただけます。
予約窓口は群馬大学医学部附属病院の
「患者支援センター」となっております。
ご紹介手順(クリック) 重粒子線の特徴(当センターは炭素線)
@がん病巣に集中して照射 がん部位に集中的にダメージを与え、周りの正常部位にはダメージが少ない治療です。
A一般の放射線が効きにくいがんにも効く 今までエックス線が効きにくいとされてきた骨肉腫にも効果を発揮します。
B短期間で治せる 短い治療期間(平均1〜4週)で治療できます。 エックス線(6〜7週)




受診を希望される方へ まずは現在の主治医に相談してください。 完全予約制としております。 受診当日は、 (1)初診予約票. (2)診療情報提供書(紹介状). (3)疾患に関わる資料?CTやMRIなどの診断画像 ?検査データ ?病理標本プレパラート(注)など (注)骨軟部腫瘍、頭蓋底腫瘍、頭頸部腫瘍、前立腺癌の場合 . (4)保険証. の4点を忘れずにお持ちください。 初診予約表に記載された日時に、群馬大学医学部附属病院外来棟1階の「患者支援センター(電話番号:027-220-7733)」にお越しください。

8月20日(月)

南東北がん陽子線治療センター
放射線治療、当院での治療開始までの日数は7日です。
当センターの陽子線治療は、先進医療を中心に行なっていますが
先進医療の適応外の場合でも患者さんやご家族のご希望により
自由診療で治療を行ないます。
※自由診療での治療費は、陽子線治療費、
診察・検査にかかる費用など全額が自己負担となります。
治療費の目安は、300万円(税別)です
予約の取り方:患者さんご本人(家族)、
またはかかりつけ医療機関から直接電話にて、
予約をお取りください。
受診日までに、主治医からの診療情報提供書(紹介状)、
検査結果、 画像検査データ等をご準備下さい。




陽子線自由診療目安300万円(税別)

8月19日(日)

北海道大学病院陽子線治療センター (どの治療センターも同じと思います。)
放射線治療科外来受診のためには、かかりつけ医(主治医)
を通じての予約をお取りいただきます。
紹介状(診療情報提供書)、画像・検査結果などの資料を
ご提供いただいた上で予約の調整をいたしますので、
かかりつけ医(主治医)にご相談ください。
(患者さんからのお電話・ご来院による予約申込はお受けしておりません。)




かかりつけ主治医

予約を取りましょう!

8月17日(金)

札幌禎心会病院陽子線治療センター
肺がん、肝臓がんなど呼吸により動くことが予想される腫瘍に対しては「拡大ビーム法」で治療を行います。
拡大ビーム法は照射室まで運ばれてきたビームをリッジフィルターによって拡大し、その後ボーラス、コリメータと呼ばれる機器(器具)でがんの形状に合わせて照射する方法です。
前立腺がん、頭頸部がんといった動きが少ない腫瘍や、より精密な陽子線治療が必要な腫瘍に対しては「スキャニング法」を用いて治療します。
スキャニング法は陽子線ビームを点描のように、がんを塗りつぶすように照射する方法で当院ではラインスキャニングという断続的な照射方法を採用しています。
治療中に腫瘍が縮小したり、体形が変化したりすると、予定していた陽子線治療とズレが生じてしまうケースがあります。当院ではインルームCTやコーンビームCTを使用し、こうした変化をいち早く見つけ、必要に応じて再計画を行い、より適切な治療を提供するアダプティブ陽子線治療(適応陽子線治療)を実施します。




8月16日(木)

北海道大学病院陽子線治療センター
スポットスキャニング法という方法を用いています。
腫瘍を照射する陽子ビームを細いまま移動させて
次々とピンポイントに照射していく技術です。
複雑な形状をした腫瘍でも、高い精度で陽子ビームを照射できるので、
正常部位への影響を最小限に抑えることが可能です。
病巣の微妙な動きを正確に追跡する動体追跡技術と、
陽子線治療を組み合わせた治療装置を、
世界で初めて設置しています。

Amazon健康食品


病気にならないよう、日常生活を見直しましょう。

8月15日(水)

今日まで3日ほどページレイアウト、
少し変更するのに、3日ほどかかりました。
右端に「ついてくるメニュー」を設置しました。
完成してやれやれです。
まだ少し改良の余地がありますが、
明日から、各病院調べていきます。
こうご期待!




8月13日(月)

陽子線治療は、 散乱体法による陽子線治療と スポットスキャニング法による陽子線治療があります。
散乱体法
磁石の力を用いてビームを広げ、 さらに重金属からなる散乱体を通過させることにより均一に広げます。
スポットスキャニング法
腫瘍を照射する陽子ビームを細いまま移動させて次々とピンポイントに照射していく技術です。複雑な形状をした腫瘍でも、その形状に合わせて高い精度で陽子ビームを照射できる。
この画像写真は自分で制作していますので、
参考程度に見てください。

散乱体法



スポットスキャニング法

8月12日(日)

ガンになってしまったら、ということで、北海道大学大学院から 粒子線治療について病院独自の取り組みを調べていきたいと思います。 また、病気になりにくい生活習慣も大事だと思います。

体にいい黄緑色野菜サプリ

8月11日(土)

陽子線治療のメーカーは三菱電機、日立製作所、住友重機械工業、東芝で、 そのうちトップの三菱電機は日立製作所にこの事業売却するそうです。 それと、各メーカ、大学病院と共同研究で、独特の治療法を開発していますので、 病気の方は、良く調べて受信してください。




8月10日(金)

陽子線治療も注意が必要です。 平成28年4月より小児がんに対する陽子線治療が保険適応。 平成30年4月から、頭頸部がん(口腔・咽喉頭の扁平上皮がんを除く)について、 公的医療保険が適用されました 頭頸部(とうけいぶ)がん: 首から上の部分で,脳を除いたところにできる癌(がん)のこと。 咽頭癌,口腔癌(舌癌,歯肉癌など) 頸部食道癌(胸部食道癌、腹部食道癌は保険適用外),鼻腔癌
治療の対象とならないがん 白血病のような血液のがん 広範な転移のあるがん 胃がん、大腸がんなど不規則に動く臓器のがん などは 保険適用外ということです。 常に最新の情報を調べて下さい。

がんは陽子線で治す☆写真クリック☆

8月8日(水)

入院は部位の型取りなどがあって50日したそうです。 水素は浸透性が強く、ボンベでも長期保存は むつかしいらしいです。水素の陽子は ほかのイオンないしは原子を強く分極させる傾向が あるそうです。
病院説明 ◎治療の準備として、照射位置がづれないようにするために固定具を作成します。   からだの型をとります。
◎治療計画用のCT撮影を行います。線量分布を作成します。
◎固定具の作製などの準備のために約1〜2週間かかります。
◎治療がはじまりますと、12回照射を受け、約3週間で終了します。

8月7日(火)

陽子線のピークは到達深度で最大エネルギー発散らしいですが、 照射部位の皮膚は、コップ円ぐらいが、黒く変色したそうです。 痛みは全くないようです。

8月6日(月)

陽子線の特徴は、照射到達(深さ調整)で 最大エネルギーを発散し、 その先には体のダメージがないようです。 陽子線を円形に曲げるのは磁石を使うそうです。

8月5日(日)

陽子線治療はピンポイントで短時間(数分)照射ですが、病巣部位固定するため 体の型を 取るのに時間がかかります。陽子は水素の原子核の陽子(電極+)を取 り出し円形の加速器で光の60%の速度(1秒で地球4.5周)にして、照射するそう です。

8月4日(土)

お盆のお参りで姉夫婦と会い、 マンションタイプのお墓の前で、 お坊さんに、 15分ほどの読経を上げて頂きました。 (お布施\5000) 主人が前立腺がんの 陽子線治療受けたと聞きました。保険適用になった最新治療です。 また詳しくお知らせいたします。

日本国内粒子線施設 2018年3月現在

重粒子線

陽子線

都道府県

施設名称

紹介ページ

日立製作所

北海道

北海道大学病院陽子線治療センター

紹介ページ

住友重機械工業

北海道

札幌禎心会病院陽子線治療センター

紹介ページ

三菱電機

福島県

南東北がん陽子線治療センター

紹介ページ

三菱電機

群馬県

群馬大学医学部附属病院 重粒子線医学研究センター

紹介ページ

日立製作所

茨城県

筑波大学附属病院 陽子線医学利用研究センター

紹介ページ

共同開発

千葉県

国立がん研究センター東病院

紹介ページ

共同開発

千葉県

量子科学技術研究開発機構放射線医学総合研究所

紹介ページ

東芝

神奈川県

神奈川県立がんセンター 重粒子線治療施設

紹介ページ

住友重機械工業

長野県

相澤病院 陽子線治療センター

紹介ページ

三菱電機

静岡県

静岡県立静岡がんセンター

紹介ページ

日立製作所

愛知県

名古屋陽子線治療センター

紹介ページ

日立製作所

大阪府

大阪重粒子線センター

紹介ページ

三菱電機

大阪府

大阪陽子線クリニック

紹介ページ

三菱電機

福井県

福井県立病院 陽子線がん治療センター

紹介ページ

三菱電機

兵庫県

兵庫県立粒子線医療センター

紹介ページ

三菱電機

兵庫県

兵庫県立粒子線医療センター付属神戸陽子線センター

紹介ページ

三菱電機

岡山県

岡山大学・津山中央病院共同運用 がん陽子線治療センター

紹介ページ

三菱電機

佐賀県

九州国際重粒子線がん治療センター

紹介ページ

三菱電機

鹿児島県

メディポリス国際陽子線治療センター

紹介ページ